MHRise チャージアックスについて

MHWIBチャアクのページからコピペしてやるぜ

MHW:IBからの変更点

高圧属性斬りのモーション値が60→75に上昇
高出力属性解放斬りのモーション値が82→90に上昇(代わりに斧強化が適用されない)
超高出力属性解放斬りのモーション値が15+82+66から15+90+72に上昇(代わりに斧強化が適用されない)
強属性剣強化ビンの属性補正が1.5倍→2倍に上昇
高圧属性斬りのモーション値が60→75に上昇(元に戻った)
榴弾ビンの剣強化追撃のモーション値が2→4に上昇(代わりにスタン値が15→10に低下)
斧:斬り上げの味方に対するかち上げが削除
属性解放斬りIIの後隙が軽減
盾突きの2ヒット目で剣撃エネルギーが1蓄積するように変更
チャージ失敗からのステップ派生が高速化

斧強化の仕様が大幅変更、剣強化と併用不可(詳細は後述)
盾強化の攻撃力上昇の仕様が変更?

回転斬りと斧:変形斬りのモーション値が30→28、移動斬りが30→25に低下(?????)
斧モードの攻撃のモーション値がほぼ全て低下(解放2だけ1発目が20→30だが2発目が66→46、どうなってんだよこのゲーム)
高出榴弾ビンのモーション値が9→7に低下
超出榴弾ビンのモーション値が25→20に低下
超出強属性ビンの属性補正が9倍→7倍に低下
高圧属性斬りのチャージが鈍化(高圧に親でも殺されてんのかよ)
空チャージから高圧属性斬りに派生した際にチャージ失敗モーション追加
超高出力属性解放斬りのビンの当たり判定が縮小(くたばれ)
装填数UP(砲弾装填)の仕様が最大ビン装填数+1からMHXX仕様(剣撃エネルギー黄色チャージで5本装填)に変更
ガードからのステップ派生が削除(スリンガークラッチ用のカメラからステップではなく、MH4時代からあったガード解除時のステップ派生)
剣:突進斬り後の派生に対する先行入力の猶予が短縮?(溜め二連斬りが不発する)
剣モードの回避後に謎の硬直追加

基礎知識

剣モード

片手剣のように剣と盾を持った状態。このモードで剣撃エネルギーとビンを溜め、斧モードで消費する。

ステップや移動斬りによる比較的軽快な機動力と、攻撃モーションの一部にランスを越えるガード性能を誇り強烈なカウンター攻撃を繰り出せるガードポイント(GP)を持つのが特徴。

基本的には斧モードでラッシュするタイミングを伺う為のモードという側面が強いが、剣強化を維持して扱いやすい溜め二連斬りや各種GPを使って上手く立ち回れば、
それなりの火力を出すことは可能。

斧モード

剣と盾を合体させた斧を両手で保持した状態。
剣モードで溜めたビンを使用して強力な攻撃を放つ。

攻撃力は高いが機動力が非常に低く、このモードを維持したまま立ち回ろうとすると確実にフレーム回避を要求される。
しかも重量武器扱いなので回転回避が連続で出ない。*1
ただし、MHRiseで追加された鉄蟲糸技「カウンターフルチャージ」(通称CFC)、
入れ替え技の「反撃重視変形斬り」(通称重変形)を用いたり、
効果が強化された回避距離スキルを発動させることで、従来より斧モードを維持した立ち回りは楽になった。

剣撃エネルギー

剣モードで攻撃かガードする事によって蓄積される。

モーションによって蓄積量にクッソ細かい差がある。
溜め二連斬り>回転斬り>その他>盾突きの順で多いと覚えておけばいい。

死体を切っても蓄積される。戦闘前に雑魚を死体斬りすることで素早くビンを溜めることができるが、
戦闘中に溜め二連斬りが死体に当たってオーバーヒートすることもあるので注意が必要。

このまま蓄積させるだけでは何の役にも立たず、チャージ(R2+〇)でビンに変換する必要がある。

蓄積された剣撃エネルギーはHUD左上に並んでいる瓶マークの色で判別可能。
黄色で瓶3本、赤色で瓶5本分のエネルギーが蓄積されている。

スキル「集中」で溜まりやすくなる。
スキル「砲弾装填」LV2で剣撃エネルギー黄色で瓶5本チャージ可能になる。

オーバーヒート

剣撃エネルギーを蓄積させすぎると発生する。
HUD左上の瓶マークが更に赤くなり、ハンターが持つ剣の先が発光するので容易に判別可能。

剣モードでの攻撃(盾突きを除く)が強制的に弾かれるようになり、剣モードでの攻撃(盾突きを含む)のヒットストップが消滅する。

強制的に弾かれるのにヒットストップもクソもねえだろタコと思うかもしれないが、
強制弾かれ効果はスキル「心眼」、後述する剣強化状態の心眼効果で無視することが可能。

オーバーヒート斬りについて

属性値が非常に高い武器でわざとオーバーヒートを起こしてヒットストップを消し、
剣強化で剣モードの攻撃に心眼効果と追撃を付与してひたすら殴ることで属性ダメージを稼ぐ戦法。

といってもMHW:IBには強力な属性武器である皇金の盾斧が存在したが、
今作の強属性武器はまだ強力な物が出揃っていない為、今の所はアプデ待ち。

操作の流れとしては
空チャージ&高圧属性斬り→溜め二連斬りでオバヒ→剣強化が切れるまでひたすら殴る→赤チャージ&高圧属性斬り→溜め二連斬りでオバヒ→剣強化が切れるまでひたすら殴る⋯ 
の繰り返しとなる。
殴り部分は△(牽制斬り)→△(切り返し)→△+○(盾突き)→△(牽制斬り)…の繰り返し。
指が忙しいなら盾突きの後に溜め二連斬りを挟むと少しだけ楽になる。

ビン

剣撃エネルギーをチャージすることで溜まり、属性強化回転斬りや斧:属性開放斬りで消費する。

デフォルトで最大5本、スキル「砲弾装填数UP」(増弾)で最大6本まで溜めることが可能。

剣撃エネルギーとは全く別の扱いなので、(オーバーヒートする危険性を無視すれば)ビン5本+剣撃エネルギー赤で実質ビン10本分(増弾で12本分)までストックできる。

上限を超えてチャージしようとしても溢れた分は消滅するが、剣撃エネルギーと違いオーバーヒートのようなデメリットは無い。

チャアクはこれを溜めてから消費しないと火力が出せないので、溜める為のコンボルートは(ミスした時のリカバリーも含めて)頭の中に入れておきたい。

後述の武器ごとに設定されたビンとは同じ名前でも全く違う意味なので注意。こちらはスラッシュアックスで言うところのスラッシュゲージのような物。

コンボルート

集中がない場合は○長押し(溜め二連斬り)→△+○(盾突き)→○長押し(溜め二連斬り)。

集中3発動時は△(牽制斬り)or△+○(突進斬り)→○長押し(溜め二連斬り)→△(回転斬り)が基本。
牽制斬りか回転斬りを外した場合はステップ→△(回転斬り)、
もしくは△+○(突進斬り)→△(切り返し)でカバー可能。

どちらの場合も溜め二連斬りを外した場合は再度溜め二連斬りを出す。他の攻撃でカバーするのは難しい。

溜め二連斬りの内1hitだけが外れた場合は回転斬りでカバー可能。

榴弾ビン/強属性ビン

武器ごとに設定されているビンの種類。こちらはスラッシュアックスのビンと似ており、一部の攻撃で発生する追撃ダメージに関係している。

追撃ダメージは4段階に分かれており、超高出力>高出力>解放I・解放II・高圧斬り(盾強化時)>剣モード攻撃(剣強化時&盾突き)の順で高い。

両方に共通する特性として、物理肉質(斬・打・弾)を無視し、切れ味による補正が掛からず、会心・マイナス会心が発生しない。
(斧強化の追撃ダメージは上記の特性を持たない)

榴弾ビン

追撃ダメージが肉質を無視し、頭部にヒットさせる事でスタン値を蓄積させる。ダメージ量は武器の攻撃力のみ影響し、属性値は無視される。スキル「砲術」やネコの砲撃術によりダメージが増加する(斧強化の追撃ダメージには適用されない)。

また、アイテムやスキルにより増加した攻撃力は大きく減算されて反映される(鈍器使いのみ全く反映されない)ため、素の攻撃力が高い武器の方が有利。

榴弾ビンで最も強力な武器は超出は金剛盾斧II(ラージャン)、斧強化は夜走盾斧【冥冥裏】(ナルガ)。

強属性ビン

追撃ダメージが属性肉質に影響される。砲術は適用されないので注意。

属性肉質は物理肉質と違い、弱点属性さえ突いていればどの部位でもそこそこ通るモンスターが多い為、硬めの部位に当たっても榴弾ビンと大差ないダメージが出る。勿論、弱点部位を突けば榴弾ビンを大きく突き放す大ダメージを与えることが可能。

...なハズだが、強属性ビンを装備したチャアクは強化先が未実装の物ばかりで、
今の所はアプデ待ちといったところ。(せめて既存モンスの武器くらいは完成させてから発売しろよ...)

属性強化(盾強化)

属性強化回転斬り(斧:(超)高出力属性開放斬りの予備動作中にR2)で溜まっているビンを全て消費して発動する。発動中はHUD左上の盾マークが赤くなる。

ガード性能が1段階上昇、斧モード時のダメージが上昇*2盾突き・剣:切り上げ(チャージ派生)・剣:高圧属性斬り・ガードポイントでのガード成立時に追撃ダメージを付与、斧:超高出力属性開放斬りが使用可能になる。

維持が楽な割にメリットが非常に大きい為、常にこの状態を維持するのが基本となる。

ビン1本につき30秒、最大で150秒間持続する。属性強化回転斬りを複数回行えば効果時間を延長することも可能だが、150秒の上限を超えることはできない。

過去作と違って武器倍率ではなくモーション値側に補正が掛かっているっぽい?
また盾突きにも補正が乗る。盾強化時盾突きのビンダメージは斧モード全般への1.1倍補正のみ適用され、ビンへの榴弾補正(モーション値1.2倍)と強属性補正(属性補正1.3倍)は適用されない。

残り時間がビン1本分を切った場合、HUD左上の盾マークが赤く点滅する。

スキル「強化持続」で効果時間の上限とビン1本当たりの効果時間の両方が延長される。

剣強化

盾強化中にチャージから△長押しで派生する剣:高圧属性斬りで発動する。発動中はHUD左上の剣マークが赤くなる。

剣モードでの攻撃(盾突きを除く)に心眼効果と追撃ダメージを付与する。

効果時間は45秒。スキル「強化持続」で効果時間が延長される。

斧強化

アイスボーンで押し付けられた粗大ゴミのパチモン。何なら劣化してる
高圧廻填斬り(高圧属性斬りの入れ替え技)で発動する。発動中はHUD左上の斧マークが発光する。

MHW:IBからの変更点

モーション値が5→7に上昇
部位破壊値補正が0.3倍から1倍に上昇
攻撃一回当たりの最大ヒット数が4から5に増加
追撃で斬れ味を消費しないように変更
発動中のビン消費が撤廃、追撃が13ヒットでビンが1本装填される
納刀か剣モードへの変形で斧強化が解除されるように変更

榴弾ビン(モーション値+4)と強属性ビン(属性補正+0.6倍)の補正が削除(モーション値5→7込みでも事実上の弱体化)
属性補正が0.5倍から0.3倍に低下
ヒットストップが大幅に増加
高出・超出で追撃が発生しないように変更

斧モードで攻撃する際、ボタンを長押しすることで追撃が発生する。

この追撃ダメージは榴弾・強属性を問わず切れ味の影響を受け、会心ヒットが発生する。また、追撃ダメージは物理肉質の影響を受け、スキル「砲術」の影響を受けない。
強属性ビンの追撃ダメージは意外にも物理と属性の複合。

通常、ハンターの攻撃は一体のモンスターに対して最初に当たった部位に一回しかヒットしないが、この追撃は振り回した武器がモンスターに当たった部位に5回まで発生する。

これらの特性から、従来の超高出力を軸とした装備とは異なる(榴弾ビンのダメージを伸ばす攻撃・砲術構成ではなく、見切り・超会心を軸にする)スキル構成を組む必要がある。

ぱっと見IBよりかなりマシになったように見えるが、ヒットストップがアホみたいに増えている。
解放2なんて撃った日には一人だけ時間が止まっているレベル。はたから見たら面白いがやってる側からすれば笑い事ではない。
ダウン以外で解放2フルヒットはまず無理なので解放1や縦斬りを多用することになる。
また、超出は勿論だが高出を撃っても剣変形扱いなので斧強化が解除される。

 

ガード

右手に持った盾でガードが可能。

通常時は大剣とほぼ同等、属性強化時はランス・ガンランスとほぼ同等、属性強化&GP時はランスを越え全武器中トップのガード性能を発揮する。

但し、大剣と同じくガード時に斬れ味を消費する。
ガード成立後のノックバック(ガードリアクション)*3が大きいほど斬れ味の消耗も激しい。

また、ガードリアクション中までなら、△+〇で斧:(超)高出力属性開放斬り、△で剣:変形斬り、R2+〇でチャージ、×+レバー横でステップに派生できる。

ガードポイント(GP)

剣:変形切り(剣→斧変形)・斧:叩きつけ(R2抜刀)の出始め、剣:回転斬り・剣:移動斬り・属性強化回転斬り・斧:変形斬り(斧→剣変形)・属性廻填斧強化斬りの終わり際に付与された自動ガード判定の事。

このタイミングで正面から攻撃を受けると、こちらの攻撃を中断してガード性能が1段階上がった状態で自動的にガードを行い、盾強化時は前方に追撃ダメージを発生させる。

基本的には出始めにGPがある剣:変形斬りを通常ガードの代わりに使用することになる。

終わり際にGPがある攻撃(名前は違うが全て回転斬りのモーション)は咄嗟に出すことはできないが、攻撃後に長時間GPが残る。つまり少しだけディレイが効くので、様子見でGPを"置く"使い方が可能。

R2抜刀攻撃で出した斧:叩きつけは出始めの短時間にGPがある。タイミングはシビアだが、納刀状態から即座にGPを出せるという唯一無二の特性を持つ。

また、入れ替え技の「反撃重視回転斬り」を使用している場合、斧→剣変形斬りの出始めにGPが発生する。

回避モーション

剣モードの攻撃後サイドステップが出る。ステップ後は△で回転斬りに派生可能。これがビンを溜める時に意外と役立つ。
他の状態では普通の回転回避になる。

スキル「高速変形」が乗る攻撃

全ての変形斬り
斧抜刀(変形叩きつけ)
形態変化前進後の回転斬り
属性強化回転斬り
高圧廻填斬り
高出・超出の出始めのモーション(攻撃力アップは乗らない)

高出と超出に高速変形乗らない件で問い合わせ送ったら
・出始めのモーション(属性圧縮)で変形終わってるから攻撃には乗らない仕様
・終わった後の剣変形に乗らないのも仕様だけどその意図は説明できない
らしいです。スラアクの斧二連にも変形終わってるから乗らないとか言えるのかよしね

モーション集

めっちゃ長いです。実用性は度外視して確認できた奴は全部書きます。

でも全部の派生ルートなんて確認してられないのでどっか抜けてるかも。特にジャンプや滑走周り

剣:牽制斬り

剣モード時、棒立ち、剣:移動斬り、剣:盾突き、斧:変形斬り、属性強化回転斬り、後ろ回転回避から△・段差の下から上に剣:突進斬り

隙が小さいが威力も小さい。これに限らずチャアクの剣モードは片手と同じようなモーションが多い。

 

剣:突進斬り

剣モード時、棒立ちから△+〇・弾かれ中に△か〇・納刀中にレバー+△

前に踏み込みながら攻撃する。

威力はそこそこ。片手剣の同モーションの様にスーパーアーマーが付く。

コンボの起点に優秀。剣:移動斬りに繋げばかなりの距離を踏み込める。

 

剣:切り返し

剣:牽制斬り、剣:突進斬り、前回転回避、チャージから△

盾強化時かつチャージからの派生のみ心眼効果が付与され、剣強化相当の追撃ダメージが発生する。剣強化時でも心眼効果と追撃ダメージは発動するが、盾強化と剣強化が重複していても追撃は一度しか発生しない。

威力は小さめ。牽制斬りよりはマシ。 

 

剣:回転斬り

ステップ、剣:切り返し、剣:溜め切り上げ、剣:溜め二連斬り、剣:高圧属性斬り、剣:強化撃ち、剣:ジャンプ斬り、斧:ジャンプ変形斬りから△
斧:変形斬り

斧モード時にR2

名前は違うが殆ど同じ攻撃。

威力がやや高い。剣撃エネルギーがやや溜まりやすく、モーションの終わり際にガードポイントが発生する。

コンボの終点に優秀。回転斬りとステップをループしたり、剣:変形斬りの直後に斧:変形斬りを出す事でGPを置きまくるという使い道もある。

斧:反撃重視変形斬り

斧モード時にR2

普通の斧:変形斬りとは異なり、出した瞬間から中盤までGPが発生する。
斧モードから即座にGPが出せるチャアク待望のモーションだが、後隙が高出並とアホみたいに長い。
まともに使うなら高速変形3を積むか、
回避距離などを積んだ上で斧強化でビンを回収し、GP以外で剣モードを使わないという覚悟が必須。

 

剣:溜め切り上げ

剣モード時、チャージ以外から〇(レバー入力無し)

溜め二連斬りのなりそこない。牽制斬りと同じ程度のダメージしかない。

剣:溜め二連斬り

剣モード時、チャージ以外から〇長押し(レバー入力無し)

溜めが足らなくても溜めすぎても切り上げになるので注意。

本命。剣撃エネルギーが非常に溜まりやすく、威力も高い。

一応スーパーアーマーも付く。

これを中心にエネルギーを溜め、ビンにチャージして超高出力や斧強化+解放斬りや高出力を撃つのが主な立ち回りとなる。

スキル「集中」で必要な溜め時間が短縮される。 

 

剣:移動斬り

剣モード時、棒立ち、チャージ、剣:ジャンプ斬り、斧:ジャンプ変形斬り以外からレバー+〇

レバー入力に応じて前後左右の4方向にスライディングした後、回転斬りを出す。モーション終了時にGPあり。
左右移動斬りのスライディングは終わり際に少し前方向に曲がる。前後移動斬りは真っすぐ動いてくれる。

スライディング中にレバーを入れておけば回転斬りの方向も別に指定可能。

移動距離が長く、位置調整で非常に有用。ステップや突進斬りから出せば更に距離を稼げる。

レバー入力されていると〇長押しでも出るので、溜め二連斬りを出そうとして暴発させないように注意。

 

剣:盾突き

剣モード時、棒立ち以外から△+〇

心眼効果付き。2ヒットする。

剣モードの攻撃だが属性強化(盾強化)で剣強化と同等の追撃が発生する。そのくせオーバーヒートするとヒットストップが消えるという謎の仕様を持つ。

攻撃後の派生入力受付が非常に長い。盾で突いてから元の位置に戻すギリギリまでディレイが効く。

そこそこの威力で隙も少なく、維持しやすい盾強化で追撃が発生するなど優秀なモーションだが、2ヒットするので切れ味消費が大きくヒットストップも長い。

多段攻撃のくせに属性ダメージの減算補正が無く、高属性値の強属性ビン武器はダメージが大きく伸びる。

唯一、剣モードから直接斧:(超)高出力属性開放斬りを出すことが可能。溜め二連でビンを溜めて盾突きから超高出力を放つのが主流。

 

チャージ

剣モード時、R2+〇・ガードかガードリアクション(大は除く)中にR2+〇

蓄積された剣撃エネルギーをビンに変換する。

剣:高圧属性斬りに派生できる代わりに剣:溜め二連斬り(溜め切り上げ)や剣:変形斬り(GP)などのよく使うモーションに派生できないので注意。

チャージ(失敗)

剣モード時かつ剣撃エネルギー黄色未満の時、R2+〇・ガードかガードリアクション(大は除く)中にR2+〇

剣撃エネルギーがチャージできる最低量(黄色、ビン3本分)に足りていない場合はチャージが失敗し、モーションや他の行動への派生が遅くなる。

また、ステップのみモーションが完全に終わるまで派生できなくなる。素直に待つよりも盾突きを経由して出した方が早くなる。

 

剣:高圧属性斬り

チャージから△長押し

心眼効果付き。

発生と同時に剣強化状態に移行する。敵にヒットさせる必要はない。

威力もそこそこ高く強化内容が優秀。溜め時間が長いのが欠点。

属性強化状態か剣強化状態で追撃が発生する。両方発動していれば2ヒット分発生する。

スキル「集中」で必要な溜め時間が短縮される。

高圧廻填斬り

チャージから△長押し

心眼効果付き。

発生と同時に斧強化状態に移行する。敵にヒットさせる必要はない。

IBの廻填斬りに比べるとかなりマシなモーション。とはいえあちらがゴミ過ぎただけで、こちらも無駄に多用するモーションではない。
剣モードのチャージから派生するので高速変形が乗る。

 

剣:ジャンプ斬り

納刀ジャンプ中、剣モードジャンプ中に△・段差の上から下に剣:突進斬り

斧:ジャンプ変形斬り

斧モードジャンプ中にR2

 

剣:変形斬り

剣モード中、チャージと前後回転回避以外からR2+△・ガードかガードリアクション(大は除く)中に△

剣から斧モードに変形する。モーションの初めにガードポイントが発生する。

剣モードで一番使いやすいGP。攻撃が当たらなかった場合は斧:変形斬りでもう一度GPを出すか、そのまま属性開放斬りに繋げるといい。

前回転回避とステップからはディレイをかけると繋がるが、最速で入力すると剣:切り上げが出る。
後回転回避はモーション自体が長い上に完全に棒立ちになるまで待たないと剣:牽制斬りが出る。
剣:反撃重視変形斬り

剣から斧モードに変形する。モーションの初めにガードポイントが発生する。

通常の変形斬りと比べてモーションが非常に遅いが、GP成功後に属性解放斬りを出すとビンのモーション値・属性補正が上昇する。(榴弾は弱体化前のMHWIB基準に戻る。強属性は重変形でもIB以下)

 

斧:叩きつけ(抜刀)

納刀中にR2

納刀状態から斧モードに変形する。モーションの初めに短いガードポイントが発生する。納刀中に出せる唯一のガードポイント。

 

斧:叩きつけ(解放II派生)

斧:属性解放斬りIIからディレイを掛けて△

味方をかち上げせずに斧モードでループできる唯一の攻撃。

属性解放斬りIIを出した後、左腕だけで持っていた斧を両手で持ち直したタイミングまで待ってから△を押すと出せる。
今作は斬り上げのかち上げが撤廃されたので使いどころは無い。

 

斧:突進叩きつけ

斧モード時、棒立ち、剣:変形斬り、斧:縦斬り、属性廻填斧強化斬りからレバー前+△、斧:強化撃ちから△

前に踏み込んで叩きつける。

移動が遅い斧モードでは重要な移動手段だが、モーションがかなり長くGPも無いので隙だらけ。

 

斧:切り上げ

斧モード中、斧:強化撃ち以外から△

MHRiseではついに味方へのかち上げが撤廃された。
なぜかIBより弱くなったオモチャアクで数少ない褒められるポイント。

 

斧:縦斬り

斧モード中、斧:切り上げから△・弾かれ中に△か〇

打点が高く味方もかち上げない。でも切り上げ(と弾かれモーション)からしか出せないので全て台無し。

 

斧:ジャンプ斬り

斧モードジャンプ中に△

剣:ジャンプ変形斬り

納刀ジャンプ中、剣モードジャンプ中にR2

剣モードのジャンプ攻撃よりダメージが大きい。

 

斧:属性解放斬りI

斧モード時、棒立ち、斧:縦斬り、チャージから〇

ビンのストックがある場合、1本消費して心眼効果が適用され、追撃ダメージが発生する。

解放斬りの中で一番燃費の悪いモーション。直撃ダメージが剣モードの攻撃と同じくらいしか無い。

ただ斧モードの中では最も素早いモーションなのでモンスターが高速化したIBでは意外と使いどころがある。

斧:突進属性解放斬りI

斧モード移動中に〇

ビンのストックがある場合、1本消費して心眼効果が適用され、追撃ダメージが発生する。

移動していた方向に踏み込んで解放Iを出す。ダメージは残念だが微妙な位置調整に便利。

 

斧:属性解放斬りII

斧モード時、棒立ちと縦斬り以外から〇

ビンのストックがある場合、1本消費して心眼効果が適用され、追撃ダメージが2回発生する。

斧で二回斬りつける。ビン1本で追撃が2回発生する。

モーション後は△で斧:切り上げ、〇で斧:(超)高出力属性開放斬り、R2で斧:変形斬りに派生するが、両手で斧を持ちなおすモーションまで待つと△の派生が斧:叩きつけに変化し、代わりに〇派生が出せなくなる。

解放IIと切り上げでループさせることが可能で、斧強化時は非常に強力な定点ループ攻撃となる。
榴弾ビンで頭にループすればスタンを狙える。

 

斧:高出力属性解放斬り

属性強化中かつ斧モード中、斧:切り上げと斧:属性解放斬りII以外から△+〇・剣:盾突きから△+〇・斧:属性解放斬りIIから〇・ガードリアクション(大は除く)中に△+〇

属性強化中、斧:超高出力属性解放斬りの予備動作中に△+レバー後ろ

ビンのストックがある場合、強力な追撃ダメージが3回発生する。デフォで心眼効果付き。

斧ダメージが高く、追撃ダメージも強力。ビン1本当たりの燃費で見れば最良

モーションが長く、隙が大きいのが難点。超高出力よりは気持ち程度にマシなので、GP後の隙に差し込む、超高出力を撃とうとしたが間に合わなさそうなのでキャンセルして出す、燃費の良さを活かして解放IIループの最後に持ってくるのが最適か。

属性強化時はコマンドが超高出力に置き換わるが、超高出力の予備動作中、盾を背後に持ってきたタイミングで△+レバーをキャラの背後*4に入れると高出力に移行できる。

MHW:IBとは異なり、使用すると斧強化が解除される。

 

斧:超高出力属性解放斬り

属性強化中かつ斧モード中、斧:切り上げと斧:属性解放斬りII以外から+〇・剣:盾突きから△+〇・斧:属性解放斬りIIから〇・ガードリアクション(大は除く)中に△+〇

心眼効果付き。

ビンのストックがある場合、物理ダメージが1回追加、ストックを全て消費してビン1本につき1回、前方に非常に強力な追撃判定を発生させる。

追撃判定は榴弾ビンの場合は長方形に、強属性ビンの場合はV字に発生する。

斧部分を当てれば確実に追撃ダメージが入る属性解放斬りと異なり、あくまで追加の攻撃判定を前方に発生させるため、斧部分のヒット=追撃がフルヒットという訳ではない。逆に、斧部分が外れても追撃がヒットする可能性はある。

全てヒットすればチャアクどころか全武器中でもトップクラスのダメージ量になるが、その分隙も大きい。GPを利用して攻撃の直後にカウンター気味に出したり、状況によっては高出力や属性開放強化斬りにキャンセルする判断も必要となる。

斧部分のヒット判定は斧を右から左に振る際に1ヒット、踏み込んでから振り下ろす途中に1ヒット、ビン消費時のみ振り下ろした後に1ヒットになる。

振り下ろす途中のダメージが一番高く、睡眠状態の敵を起こすのに使える。この場合は斧モードで斧先がモンスターにギリギリ当たらない位置に立って△+〇で出せば、横振りを外してから踏み込みで2ヒット目を当てることができる。

但し、ビンのストックが無い場合は攻撃判定が1回しか発生しない上、その1回は高出力と殆ど同じモーション値となる。後隙を考えると、ビン無しで睡眠状態の敵を起こすなら高出の方を使うべき。

相変わらず前隙も後隙も最悪で、普通に撃ってもまともに当たらない。

 

属性強化回転斬り

斧:(超)高出力属性解放斬りの予備動作中にR2

ビンのストックがある場合、全て消費して盾強化状態に移行する。

盾強化状態については前述の用語集を参照。モーションとしての性能は剣:回転斬りとほぼ同じ。モーションの終わり際にGPが発生する。

(超)高出力のモーションに入ってから出せる行動としては一番隙が少なくGPもあるので、どうしてもマズイ状況になったら属性強化の時間に関わらずこちらに派生させればOK。

 

ガード

剣モード中にR2

普通のガード。盾強化状態で大剣と同等のガード性能になる。
GPがあるので基本的には使わない。

鉄蟲糸技

形態変化前進

斧モードに変形しながらレバーを入力した方向に移動する。
発動から移動直前までハイパーアーマー付き。

移動後は△かR2で剣:回転斬り、〇で属性解放斬りII、△+〇で(超)高出力属性解放斬りに派生する。

リキャストがかなり早く、斧強化メインの立ち回りをするなら心強い技になる。剣モード主体で立ち回る超出型でも移動技として見れば有能。

カウンターフルチャージ

その場で止まってガード判定を発生させ、ガードに成功するとビンを5本チャージする。
多段攻撃は1回しかガードできない。

ガード成功後は〇かR2で斧:叩きつけ(剣:変形斬り)、△でチャージ動作無しで高圧属性斬り(高圧廻填斬り)、△+〇で(超)高出力属性解放斬りに派生する。
派生先の攻撃は操竜値が蓄積する。

斧モードからでも即座にガード判定を発生させることが可能。派生でチャージを飛ばして高圧廻填斬りを出すことも可能なので、斧強化と相性が良い。

アックスホッパー

斧を地面に叩きつけ、その勢いで一回転しながら跳躍する。

跳躍後は△で斧:ジャンプ斬り、ZRで斧:ジャンプ変形斬り、〇で空中高出力属性解放斬り、△+〇で空中超高出力属性解放斬りに派生する。
派生時にレバー入力で好きな方向に振り向き可能。

空中高出はモーション値が100、超出は1ヒット目のみ150と大きく上昇し、MH4G並の威力になる。

空中超出派生がメインなのでスキル構成的には砲術や鈍器特化が向くが、
ダメージの比率的には斧に偏るので地上超出以上にビンより斧本体を当てるのを意識する必要がある。
会心メインの斧強化構成でも高いダメージが出るので、斧強化が解除されるデメリットを考慮しても相性は悪くない。

*1:大剣や剣モードのスラアクと同様

*2:今作はモーション値1.1倍?

*3:MHRのガードは小・中・大の三種類のノックバックが存在し、例えば小は全く体が動かずダメージも0だが、大は大きく後ずさる上に削りダメージを受けてしまう。ちなみにランスのパワーガードは例外で、どのノックバックでも削りダメージを受ける

*4:方向指定タイプ2はカメラの後ろ